【マネー講座第3弾】レイクでキャッシング! 〜レイクでキャッシングする時のポイントと注意点〜

【マネー講座第3弾】レイクでキャッシング!
このサイトについて【マネー講座第3弾】レイクでキャッシング!お金の借り方講座
初めてのキャッシングは誰もが不安に思うものですよね。当サイトでは、誰もが安心してキャッシングが出来るように、私の経験則からホームページを通じてサポートしています。なるべく専門用語を使わずに説明しています。少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです!さぁ、ご利用は計画的に安心キャッシングLIFEをはじめましょう♪
 
■レイクでお金を借りられない人はどんな人?

【マネー講座第3弾】レイクでキャッシング!

レイクに申し込みたいけれど、審査に通らなかったらどうしよう、そんな考えがある方は、どんな場合に借りられないか知っておくといいでしょう。 レイクで借入を断られる場合は、他社で借り入れが多い、遅延、滞納、延滞がある、過去に自己破産や債務整理をしたことがある場合です。 レイクの場合、他社よりも借りやすいとは言われますが、さすがに借り入れ件数や金額、延滞回数などが多ければ可決されづらくなります。 これはどの消費者金融、銀行でも同じことですが、レイクもお金を貸すからには信頼関係を築かなければならないと言うことを忘れないようにしましょう。 ※レイクで借りる!審査お申込みはこちらから

信頼関係を位置づける最も重要なものに、個人情報があります。 通常、消費者金融などで借り入れ審査を行う場合、その人の申込書の内容に従って点数が付けられます。 たとえば結婚はしているか、家は持ち家か、他社からの借り入れはないか、固定電話はあるか、勤務形態はどうか、ということです。 借家や賃貸よりも持ち家のほうがポイントは高くなりますし、携帯電話よりも固定電話があるほうが可決もされやすくなります。 また勤務形態は正社員のほうが、契約社員、派遣社員、嘱託職員、パート、アルバイトよりもポイントがつきます。

この正社員でも注意が必要です。 いくら正社員でも、入社してから1年に満たない場合は否決される可能性が高くなります。 また、内定をもらっただけではまだ勤務していることにはなりませんので、申込みの時点で断られる可能性もあります。 新入社員は定期代も初任給まで出ませんから、特に親元から独立して初めて一人暮らしをする場合は切実です。 とはいえ、内定をもらった段階では申込みができません。 レイクは基本的に勤続1年以上といわれていますが、中には就職し、勤務実態がついてから申し込んだら可決されたと言う方もいますので、まずは働いていると言う証明が出るまで待ちましょう。 店頭や自動契約機に行かなくても、スマホで全て完結できますので、事前審査で借入できる可能性があるかどうか、まず確認しましょう。 必ず否決されるということではありませんので、事前審査を活用しながら利用するのがいいでしょう。
 

メニューバー

>トップページ

>レイクのWeb申し込み限定のキャンペーンとは?

>レイクの貸出審査の基準について

>レイクの返済金利は何%か?

>気になる、レイクのcmに出演している人は?

>現在レイクでお金を借りている人が増額するには?

>新生銀行グループ、レイクの口コミ